ふすま
FC2ブログ

バカとヲタクと妄想獣

主にアニメ感想を書いてます。あと車やバイク、スポーツなど

<ETERNAL LAND> ETERNAL LAND バカとヲタクと妄想獣

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イナズマイレブン 第104話 「最強タクティクス!カテナチオカウンター!!」

オルフェウスの攻撃、
フィディオを無視してラファエレが一人で突っ込んでいくが鬼道の指示の元ボールを奪う。

フィディオの指示を無視してDFラインをあげるオルフェウスだが、
あっさり抜かれフリーの豪炎寺にパス、そして豪炎寺がシュートと思いきや下がっていたフィディオがなんとかクリアする。


ここでフィディオは影山のサッカーなら自分達をさらなる次元に押し上げてくれる、
だから5分だけ時間が欲しいと頼む。


ブラージ「お前に頭を下げられれば、誰も断ることなどできない」

えっ?フィディオがいつ頭を下げたの?

イナイレ104-1

ブラージを掴んで懇願しただけじゃないかw

フィディオを中心にしかけるが中々うまくいかない。
だがフィディオが自分達に合わせてフォーメーションを完璧にコントロールしてる様子をみた他のメンバーは、ついにフィディオの動きや次のプレーを理解する。

イナイレ104-2

影山はフィディオの(父と同じ)プレイを見てやめさせようとするがフィディオはそれを拒否。
そしてついにカテナチオカウンターが完成する!


イナイレ104-3

一瞬で相手を囲みボールを奪う、そして一気に前線にボールをあげるプレイ。
それがカテナチオカウンター!…だと思う、どちらにせよ普通のカウンターだけどw

そして前線で一人フリーのラファエレにボールが渡り円堂と一対一!



そしてフリーズショットが決まり1-1の同点に!!
振り向くとこあたりはしょぼいノーザンインパクトですね。

しかし円堂何故前にでたし。
普通に待ち構えて必殺技だせよw

そのプレイを見た影山とフィディオの会話フェイズ開始。



そしてフィディオの説得等により、父の光に満ちたサッカーを見られなかったことを悔やみ、悲しみ、求めたからこそその光を憎み、闇の中に生きるしかなかったことに気づき影山を纏っていた闇の部分が消える。

フィディオやオルフェウスのメンバーは影山に更なる指示を求め、影山もそれに応え指示をだす。




影山「私も久しぶりに本当のサッカーをやってみたくなった」
影山「影山だ、影山零治!それが私の名だ」


綺麗な影山になっちゃったwwwwww

フィディオ「監督の意志と選手のプレイが一つになったとき、チームは完成し、覚醒する。
        …オルフェウスは、今目覚めた!!


うなずく影山

影山「行け!そして必ず勝て!!」 オルフェウス「はい!影山監督!!」

え?なにこの主人公チーム



そしてこの笑顔である



鬼道「それが本当のあなたなのですね」

影山「ああ、私は勝つぞ鬼道、今度は本当のサッカーでな」




ああああああ熱くなってきた!!
ご都合主義の影山改心とかいう微妙展開だったのに熱いからどうでもよくなってきた!


次回「熱闘!円堂VSフィディオ!!」

イナイレ104-11

今日の格言

関連記事
スポンサーサイト




見てくださってありがとうございます。
もしよかったら拍手なり下のバナーなりを押してやってくださいm(__)m



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

| イナズマイレブン(終) | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vnr2034.blog133.fc2.com/tb.php/394-a75686d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT